スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Trip to Spain - Barcelona -
 
トルトサから約2時間、旅の最終地バルセロナへ到着。

今回の旅で大活躍してくれたレンタカー君とも今日でお別れ・・・
ありがとう!とっても燃費の良い子でした。



バルセルナには3泊の予定。

バルセロナは大都市なので、市内のおもな観光スポットを循環する
ツーリストバスの2日券を購入。
有効期間内は何度でも乗り降りが出来るのでとっても便利なのです。



豪華客船が発着するポルト・ベイで降りてみました。



この近くにコンシェルジェお勧めのおいしいパエリアのお店が
あるということなので、そこでランチすることに。



パスタパエリアも試してみればよかったです、ちょっと後悔。。。

『ボケリア』の愛称で親しまれる、バルセロナ最大の市場にも行ってみました。



サフラン、オリーブオイル、イベルコハムなどなど
食材をどっさり買い込んじゃいました。

洋服やバッグを買うよりも、こういうショッピングが楽しい今日この頃♪

お約束のサグラダ・ファミリアにも行きましたよ〜。



いぜん建築中・・・
外尾悦郎氏はまだ働いていらっしゃるのでしょうか?

バルセロナでのディナーはタパス三昧でした。



タパスにはやっぱりビール!
一体この旅で何杯飲んだことやら。。。

2週間かけてスペインを巡った旅も無事終了。



 A. MADRID
 B. TOLEDO
 C. ZAFRA
 D. ARCOS DE LA FRONTERA
 E. GRANADA
 F. UBEDA
 G. ALMAGRO
 H. CUENCA
 I. TORTOSA
 J. BARCELONA

しめて走行距離約2000劼領垢箸覆蠅泙靴拭

Spain comments(0) trackbacks(0)
Trip to Spain - Tortosa -
バルセロナとバレンシアのちょうど中間地点に位置する
ローマ時代からの古い街トルトサ。

エブロ川を見下ろす小高い丘の上にあるパラドールは
長い間放置され荒廃した古城を改装したもの。



クエンカからは約4時間のロングドライブ。

なんとかランチの時間に間に合いました。
クエンカのレストランに引けをとらず、こちらも素晴らしい内装!



偶然にも今日は街でフェスティバルが開かれていました。

 
熱気ムンムンな人混みの中、巨大グリルを発見!



香ばしい匂いに誘われて・・・本日のディナーはこちらに決定!



スペアリブもトライしてみればよかったとちょっぴり後悔。
プラスチックのコップで飲むワインが妙においしく感じた夜でした。

明日は今回の旅の終点地、パルセロナへ向かいます。


Spain comments(0) trackbacks(0)
Trip to Spain - Cuenca -
絶壁の上の要塞都市クエンカ。
その不思議な景観から『魔法にかけられた町』と呼ばれているそう。

修道院を改装したパラドールも、ウエカル川を見下ろす断崖の上に建っています。



今回の旅行で泊まったパラドールの中で一番のお気に入り♪



旧市街の入り口はこの橋を渡りきったところに。。



高いところが苦手な私にとってかなりスリリングな体験でした!

クエンカで最も有名な宙づりの家『Casas Calgadas』



王家の別荘として建てられ、その後市庁舎に、
そして現在は美術館&レストランとして利用されています。

週末ということもあって旧市街は大賑わいでした。



急こう配の坂を上りきると、素晴らしい眺めが待っていてくれました。



パラドールのレストランも素晴らしかったです。



私がオーダーしたお料理の数々♪



街中にも気になるレストランがちらほら・・・
『クエンカは一日にしてならず』な街でした。

明日はバレンシアを素っ飛ばし、一気に北上。
カタルーニャ地方にあるトルトサへ向かいます。
Spain comments(0) trackbacks(0)
Trip to Spain - Almagro -
 
再びラマンチャ地方入りし、向かった先は旧都アルマグロ。



16世紀の修道院を改装したパラドール。
かつて酒蔵庫だったバルには巨大なワイン樽が置かれています。



かつてラマンチャ地方の首都だったアルマグロ。

スペインいち美しい広場は、サラマンカのマヨール広場といわれ
スペインいち美しい田舎の広場は、ここアルマグロのマヨール広場だそう。



アルマグロの名物はナスのつぼ漬け。
茹でたナスを酢とオイルに漬けて軽く発酵させたもの。
太陽の味がするラマンチャの赤ワインに良く合いました♪



明日は絶壁の上の要塞都市クエンカへ向かいます。
Spain comments(0) trackbacks(0)
Trip to Spain - Ubeda -
 
アンダルシア地方の旅の終点は、ルネッサンス様式の街並みが美しいウベダ。



ウベダとお隣の街バエサのルネッサンス様式の記念碑的建造物は
世界遺産に登録されています。

ウベダのパラドールも、司教の館だったルネッサンス様式の宮殿を改装したもの。



いつものようにウエルカムドリンク&ブランチの後、街を散策。

真夏の太陽が照りつける日中は、暑さを避けてゆっくりブランチか
シエスタするのが一番。
旅も半ばに入り、街散策は夕方の6時くらいから、ディナーは夜9時ごろからと
だんだんスペイン時間に慣れてきましたよー。



エル・サルバドール教会、サンタ・マリア教会とスペイン・ルネッサンスを
代表する建造物が目白押し。

そんな建造物の一つ、サン・ペドロ教会の前にあるレストランで
今日はディナー。



9時にお店に入った時は、ガラガラだったお店も
9時半を過ぎるとほぼ満席状態に。
やっぱりスペインのディナータイムの始まりは遅い!



サングリアを頼んだら、2リットルはあろうかというカラフェで登場!
もちろん全部飲みほしましたよー。笑

ホテルに戻る頃にはとっぷり日も暮れ・・・
夜12時に子供たちが教会前の広場でサッカーしてました。

アンダルシア地方とは今日でお別れ。
明日は再びラマンチャ地方に入り、スペインいち美しい広場がある
旧都アルマグロへ向かいます。

おまけ。。。



ホテルの部屋のタイルが可愛かったので♪
Spain comments(0) trackbacks(0)
Trip to Spain - Granada Day 2 -

グラナダ2日目はアルハンブラ宮殿を一日かけてゆっくり散策。

入場制限があるナスル朝宮殿へは朝10時に入ることが出来ました。
チケットはお昼前には売り切れてしまうことが多いので要注意です。

千夜一夜物語を彷彿させる幻想的な空間。
壁や天井を飾る彫刻が素晴らしすぎです!



残念ながら宮殿の中で最も美しい空間とされているライオンの中庭は
補修工事中でした。。。
2007年から始まったようですが、一体いつ終わることやら。

アルカサバ(要塞)からは、昨日いったアルバイシンの街並みを一望できます。



ランチの後は水の宮殿として知られる夏の別荘ヘネラリフェへ。



心地良い水音を聞きながら、しばし『涼』を満喫。

・・・と、ここにきて旦那サマが軽い熱中症に。
残すバルタル庭園の見学をあきらめ、ホテルでシエスタしました。

本日のディナーはグラナダの街へ。
スペイン人の奥サマをもつ、旦那サマの同僚のお勧めのお店に行くことに。

何と、そこは立ち飲みやさん。
タパスをつまみながら軽く飲むスタイルが一般的のようです。

ここはイベリコ豚がおいしいバル。
Dos cerveza, por favor!



この後はシーフードが評判のバルへ移動。
ここはローカル色がかなり強く、地元の人たちで溢れかえっていました。

明日はグラナダを後にし、世界遺産の街ウベダへ向かいます。

Spain comments(0) trackbacks(0)
Trip to Spain - Granada Day1 -

アルコス村を後に、グラナダへ向けて出発!

アルコス→グラナダ間のドライブは景色が素晴らしく
お勧めのルートです。

 

今日は寄り道をしなかったのでお昼過ぎにグラナダへ到着。

本日のお宿もパラドール。
15世紀に建てられたフランシスコ会の修道院を改装したホテル。
アルハンブラ宮殿の敷地内にあるのがポイント!

新婚旅行できたっぽい日本人カップルさんもたくさんいましたよー。
やっぱりグラナダは人気の観光スポットですねー。



グラナダには2泊の予定。
コンシェルジェが明日のアルハンブラ宮殿の入場チケットを手配してくれました。
(並ばなくてよいのでラクチンです♪)

いつものようにウエルカムドリンク&イベリコハムを楽しんだ後
グラナダの街に繰り出しました。



夕日に照らされるアルハンブラ宮殿を一目見たくて
イスラム教徒によって築かれたグラナダ最古の街アルバイシンにある
ニコラス展望台を目指しました。

敵からの侵入を防ぐため、道が迷路のように入り組んでいて
方向感覚を失ってしまいそう。。。



観光客目当ての強盗も多いので注意・・・と恐ろしいことが
ガイドブックに書いてありましたが、全然大丈夫でした。
街行く人は皆フレンドリー、『Hola!』

急こう配の坂を登りきって出会ったのがこの景色!



疲れが吹っ飛びました。

実は小学生のころ、グラナダには家族旅行で来たことがあるのですが、
幼心にもアルハンブラの美しさは強烈に残っていました。

『またアルハンブラに来れたんだな〜』としみじみ感動・・・

あっという間に日が暮れ、本日のディナーは街中の
とあるパブで済ませることに。



この日はタパス。
イカのフリットー、おなじみのハモン・イベリコ、パドロンなど
ビールと一緒に楽しみました♪

アルフレスコ、オマケに真っ暗だったということで
お料理の写真が上手にとれず・・・

旦那サマに『旅行中、何を食べたか写真に撮っておいて〜』
とミッションをいただいたのですが、敢え無く断念。

明日はいよいよアルハンブラ宮殿の見学でーす!
Spain comments(0) trackbacks(0)
Trip to Spain - Sevilla & Arcos de la Frontera -

翌日はいよいよアンダルシア地方入り。

オペラ『カルメン』の舞台として知られるセビーリャに
ランチがてら、寄り道してみました。



さすがスペイン第4の都市だけあって、華やかな街並みでした。

セビーリャを後に、本日の目的地アルコス・デ・ラ・フロンテーラへ。



断崖の岩山の上に立つ、白い村へは細い道路を抜けていきます。
実にスリリングな体験でしたー。

あまりの道路の狭さに、車の中から激写!



本日のお宿パラドールへ続く道。
ここも車で通り抜けたんですよぉ。。



久しぶりに旦那サマ登場!
この狭い道を通った記念にと、是非写真を撮りたかったようで。

15世紀の代官屋敷を改装したパラドール。
部屋のテラスから眺める景色がサイコーでした♪



ウエルカムドリンクで一息ついた後は、アルコス村を散策。



白壁がまぶしいっ!

本日のディナーは9時開始。
だんだんスペイン時間に慣れてきました。笑



『水曜どうでしょう』を見て以来、いつか行ってみたいと思っていた場所に
来ることができました。
急こう配の坂もなんのその、連れて来てくれた旦那サマに感謝♪

スペインの旅も中盤をむかえ、明日はグラナダへと向かいます。

Spain comments(2) trackbacks(0)
Trip to Spain - Merida & Zafra -

トレドを後に、次の目的地『Merida』に向けて出発!

『小ローマ』と呼ばれるこの街には、世界遺産に登録された
ローマ時代の遺跡が数多く残っています。



もちろんメリダにもサンティアゴ騎士団の館を修道院として改装した
バラドールがあるのですが、今夜はそこへは泊まらず・・・

今回の旅で、私がどうしても行ってみたかった街『Zafra』へ。
今夜は貴族の宮殿を改装したパラドールに宿泊です。



小一時間ほど歩けば大体様子がつかめるサフラの街。



一体何故、私がこの小さな街サフラに来てみたかったというと・・・

サフラ近郊は最高級イベリコ豚の産地として有名だからなんです。
それでは私のイベリコ豚への熱い思いをご堪能ください!



熱い思いが伝わったでしょーか?笑
あぁ、是非足1本持って帰りたかったです・・・

パラドールのレストランでは、この地方の特産黒豚の高級生ハムを
味わうことができます。



スペインでのディナーはアルフレスコでいただくことが多く、
メインに辿り着くころにはとっぷり日が暮れ・・・
キャンドルだけの薄暗い照明の中でお料理を撮影するのは至難の業でした。

夢にまで見たイベリコ豚三昧・・・たっぷり堪能いたしました♪

明日はいよいよアンダルシア地方へ。
白い街『Arcos de la Frontera』へ向かいます。

Spain comments(0) trackbacks(0)
Trip to Spain - Toledo -
 
マドリッドから車で1時間ほどの古都トレド。

1986年に世界遺産に登録されたトレドは
画家エル・グレコが後半生を過ごしたところとしても知られています。



今回の旅の目的の一つがパラドール。

スペイン各地に点在するパラドールは中世の城や修道院、貴族の館など
歴史的建造物を改装した国営ホテル。

トレドのパラドールは旧市街が一望できる高台にあります。



チェックインを済ませた後、トレドの街を散策。



寝不足気味がたたったのか、炎天下の街を(しかも急こう配な坂ばかり!)
歩いていたら、軽い熱中症にかかってしまった模様・・・
散策もそこそこに、ホテルにもどってシエスタしたのでした。

ディナーはトレドの絶景を眺めながらパラドールにて。



夕日に染まるトレドの街が素晴らしく美しかった!



郷土料理を中心にセレクトしてみました。



お料理はまぁまぁ(失礼!)でしたが、ロケーションが素晴らしい!
マドリッドからも近いし、また是非訪れてみたい街の一つとなりました。

明日はイベリコ豚の名産地、サフラへ向かいます。
Spain comments(0) trackbacks(0)
| 1/2 | >>