スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Trip to Vienna - Day 3 -

昨日の天気とは打って変わって翌日は快晴!
『美しい泉』という意味をもつシェーンブルン宮殿へ向かいました。



宮殿内を散策した後は、ミニトレインを使って庭園を散策。
(残念ながら宮殿内は撮影禁止でした☆)

広大な庭園には世界最古の動物園や温室もあります。



ランチは宮殿と庭園を一望できるテラス『グロリエッテ』で。



ハンガリーから伝わったグラーシュを全員チョイス。
もちろんビールも♪



グロリエッテから見下ろす宮殿とウィーンの街が素敵でした。



ホテルへ戻って一休み。

今宵のディナーはホテル内のレストランで、少し遅めの母の古希祝を。



メイン&デザートを取り忘れちゃいました☆

ウィーン料理&ワイン、おしゃべりを楽しみながら、
ウィーン最後の夜は更けていくのでした。。。

明日はアムステルダムへ戻ります。

Austria comments(0) trackbacks(0)
Trip to Vienna - Day 2 -
昨年10月のウィーン旅行の続きです。

あいにくの雨となった2日目は夏の離宮ベルヴェデーレ宮殿にある
オーストリア絵画館へ。



お目当てはやっぱりこちら。



グスタフ・クリムト作 『接吻』

小さい絵なのかと思っていたら、180cmx180僂梁腓さ。

照明を落とした暗闇の部屋に浮かぶ、まばゆいばかりの黄金の輝きに
圧倒されてしまいました☆

美術館を歩き回ったら、お腹が空いてしまったので
ホテル近くのワインケラー『Augusinerkeller』へ。




ワイン貯蔵用の地下室を酒場にしたワインケラー。
リーズナブルな価格で美味しいワインを楽しむことができます。

お酒のお供はウィーン名物、シュニッツェルやゲバッケネ、ウィンナーが
てんこ盛りの盛り合わせ。



こちらで3人前…
6人でも食べきれないほどの量でした。

夜のお楽しみはオペラ鑑賞。
今回のお題目は『フィガロの結婚』

人気の演目だけにチケットの予約が確認できたのは出発の1週間前。
残念ながら席が2組に分かれてしまいましたが、ギリギリまで
粘った甲斐がありました☆



叔父&叔母、母が私たちの席から見えました。
手を振ってくれていまーす♪



歌唱力もさることながら、美男美女のキャストの皆様。
モーツァルトゆかりの地で、彼が作曲したオペラを聞くことができて大満足でした☆

明日はハプスブルク家の栄華を誇るシェーンブルン宮殿を訪れます。
Austria comments(0) trackbacks(0)
Trip to Vienna - Day 1 -
やだっ、気がつけばもう11月が終わってしまうではないですか!
料理教室や飲み会、習い事などであっという間に11月が過ぎてしまったような・・・

さてさて、10月の旅の続きです。。。(気長にね。笑)
翌日はお昼のフライトでウィーンへ。



今回お世話になったホテルはオペラ座に近く、とても便利でした♪



ちょっとしたハプニングもありましたが、気を取り直して今宵のイベントへ。
その前にホテル近くの『cafe schwarzenberg』で軽く食事をとりました。



飛び込みで入ったのですが、一歩お店の中に入ったら・・・あら、素敵!
後で知ったのですが、リンク内では一番古い由緒正しきカフェのようで。。。

店員さんもとてもフレンドリーで、楽しい時間を過ごすことができました。
手の甲にキスしてお見送りしてくれましたよ。笑

今宵のイベントは楽友協会で催されるモーツァルトのコンサート。



オケの皆さんはモーツァルトの時代の服装で演奏してくれるんです。



観光客向けのコンサートなので、堅苦しくなく、楽しんで音楽を聞くことができました♪
それにしてもこの指揮者さん、おもしろかったなぁ。。。
(写真はネットより拝借させていただきました☆)

明日はオペラ座でのオペラ鑑賞が待ってまース♪
Austria comments(0) trackbacks(0)
Trip to Vienna - Day 3 -

ウィーン滞在3日目。

もともとこの日はシェーンブルン宮殿に行く予定だったのですが、
昨日のシャワー騒ぎで半日つぶれたため予定変更!

今回の旅行で私が絶対に行ってみたい!と思っていた
『王宮の銀器・食卓調度コレクション』へ。

ハプスブルク家が使用してきた銀器や磁器などを見ることができます。



ここで痛恨のミス・・・
カメラのバッテリーが途中でなくなっちゃいました。泣

こんなもんじゃないんです、ハプスブルク家のコレクション・・・
後半の展示物の方がすばらしく、マイセンやヘレンド、ミントンetc...
写真がとれない私のフラストレーションは貯まるばかり。。
秋にまたウィーンに行く予定なので絶対リベンジしますっ!

夜はラストイベントのコンサートへ。
その前にザッハー・トルテで有名な名門カフェ『Sacher』で一休み。



せっかくのザッハーなのに、お茶やケーキは一切頼まず
ここでもアルコールを楽しんだ私達でした。笑

今回は残念ながら行く機会がなかったウィーン・フィルの本拠地
『Musikverein 楽友協会』



ここの『Goldenen Saal 黄金の間』から、あの有名な
『New Year Concert』が世界中にTV中継されます。
いつか着物を着て行ってみたいものです。。

本日のコンサート会場『カール教会』



今宵はここでモーツァルトのレクイエムを。



バロック様式の天井画を見ながら、素晴らしい演奏と歌声を堪能。
でも教会なので暖房がなく、かなり寒かったです。。。

今回の旅はこれでおしまい。
音楽と美食(と飲酒)に酔いしれた楽しい旅でした〜♪

Austria comments(0) trackbacks(0)
Trip to Vienna - Day 2-
ウィーン2日目の朝、シャワーを浴びていたら突然お湯が水に!
フロントに電話をしたら、すぐに修理の人をよこしてくれました。

まぁ、ここまでは良くある話なので仕方がないと思っていたのですが。。。
修理が終わって、シャワーを浴びなおしたら1分もたたないうちに
再び水に・・・

さすがに怒った旦那サマ、フロントにクレームして部屋を変えてもらうことに。
もちろんアップグレードしてもらいましたよん。

気を取り直して、ヨーロッパ3大美術館のひとつ『Kunst Historisches Museum』へ。

まずは美術館内にあるカフェ『Gerstner』で腹ごしらえ。



大理石の床に、吹き抜けの高い天井。
とても美しいカフェでした。

館内ではハプスブルク王朝の美術品を見ることができます。



美術品もさることながら、館内の装飾も素晴らしかったです。



たっぷり3時間かけて美術鑑賞を楽しみました。

夜は楽しみの一つ、ミシュラン☆レストランへ。
今回は初のイタリアン。



落ち着いた雰囲気の中でお料理を楽しむことができました。



お味の方は・・・う〜ん、、、かな?笑
きめ細かいサービスがとても心地よかったです。
Austria comments(2) trackbacks(0)
Trip to Vienna - Day 1 -
今年でめでたく結婚15周年目を迎えまして・・・
そのお祝いも兼ねて、3泊4日でウィーンを旅してきました。

 

旅行中はコートがいらないくらいのポカポカ陽気に恵まれました。

まずは腹ごしらえ!

地元の人達でにぎわうバイスル(フランスでいうビストロ)で
伝統のお料理を楽しみました。



早朝のフライトだったので、ひとまずホテルに戻りお昼寝。。。

夜は今回の旅のメインイベントの一つであるオペラ鑑賞へ。



ドレスアップした人達が集まって、まさに大人の社交場と言った感じ。
義母のパリ土産のお洋服を着て、私も久々にお洒落を楽しみました♪

会場の雰囲気も素晴らしいの一言!
ちょっと気取って幕間にChampagneを飲んじゃったり。。。



今宵のお題目は『Madame Butterfly』
泣けました〜。

今回のホテルはオペラ座の目と鼻の先。
ロビーではマダムがお食事を楽しんでおられました。笑



アクセスも良いし、部屋も広々としているし、
ベッドの寝心地も良いし、言うことなし!のホテルだったんですけどね。

まさか翌日にとんだハブニングが控えていたとは・・・
Austria comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |