スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Trip to Pairs

旦那サマの母上殿が、仕事でパリにいらしたので
週末を利用して会いに行ってきました!



・・・そして、パリはセールの真っ最中〜♪



今回の目的はブランドもののバッグでもなく、お洋服でもなく、キッチン用品!

ラファイエット、プランタン、ボン・マルシェを梯子しましたが
品揃え&値引き率でいうと、プランタンが一番充実してたかなー。

夜は母上殿&(私達夫婦も懇意にさせていただいている)ご友人と合流して、ディナーへ。

日本に住む母上に久しぶりに出来る親孝行ということもあって
ちょっと奮発してミシュラン☆☆レストランを予約しました。

・・・そう、このディナーが今回のブログの格好のネタになるはずだったんですけど。

私のクラッチバッグにカメラが入らなかったので、旦那サマに託したのですが・・・
旦那サマったら、母上殿のアパートメントのお部屋にカメラを置いてきてしまったのデス。

というわけで、HPでのご紹介。

http://www.helenedarroze.com/

女性シェフが腕をふるう素敵なレストランでした。

1Fがサロン、2Fがサルになっています。
ゆっくりお食事を楽しみたいのであれば、2Fのサルがお勧め。
左岸側にお泊まりの際には是非!

私的に記憶にとどめておきたいので・・・

アミューズは目の前でカットしてくれるハモン・イベリコ。
前菜1品目はフォアグラ(絶品でした!)、
2品目はオマール海老とパルメザンチーズの冷たいスープ。
お魚料理はモンクフィッシュのグリル、お肉はラム2品。
デザート1品目はソワベ、2品目はショコラ系でした。

あー、もう写真がとれなくて残念。泣
でも久しぶりに母上殿の喜ぶ顔を見ることができて良かったです。

4月にオランダで再会出来るのを今から楽しみにしています♪

France comments(2) trackbacks(0)
Strasburg & Leuven
おいしい食事を満喫した翌日。
ホテルから30分ほどのStrasburgに向かいました。

街はもうすっかりクリスマスモード。



ショッピングを楽しんだ後、後ろ髪を引かれながら
(もっと買物したかった!)本日の宿泊地Leuvenへ。

Leuvenはベルギー最大の大学の街。
市内には数多くの歴史的建造物が残っています。



本日のお宿。
農家を改築したホテルです。


 
夜はカジュアル・フレンチを楽しみました。

2人ともお腹の空きがイマイチだったのでメインのみ。
えっ、ワイン?・・・はもちろんボトルで。笑



翌朝は近くの教会でマーケットを散策しました。



オランダのマーケットより高級感があったような・・・
その分、お値段もお高めでしたけど。

今回の旅はこれでおしまい。

何故か今回の旅では日本食が恋しくなっちゃいました。
(行きにラーメン食べたのに・・・)
帰ってきた日の夕食は、炊き込みご飯に大根のお味噌汁、
肉じゃがで〆ました。満足。

France comments(0) trackbacks(0)
Le Cygne
今回の旅のメインイベントの一つが『Le Cygne』でのディナー☆☆

ヨーロッパに来て1年もたつのに何やってるのー?
・・・と言われてしまいそうですが、恥ずかしながらミシェラン2つ星初体験。



今宵のお伴は、アルザスと言えばやっぱりの『Riesling』!

リースリングは冷やしていただくイメージがあったのですが、
このワインはデキャンタに入れて常温でサーブしてくれました。
納得の熟成のお味・・・旦那サマ、かなり奮発しちゃった??笑



不景気といわれているユーロ圏はどこへやら?
広い店内はほぼ満員でした。

アミューズを楽しんだ後、素晴らしいお料理の数々を堪能。



2つ星で写真を撮るのはNGかなぁーと弱気にデジカメを持参したのですが
隣の老夫婦が写真撮りまくりだったので、遠慮せずバシバシいっちゃいました☆
光の具合で私の手の影がどうにも入っちゃうんですよねぇ。。

お食事の後のお楽しみといえばデザート。
これがとんでもないことに・・・



(写真にはありませんが)オレンジのジュレに始まってミントのマシュマロに
チョコレート、なんとデザートだけで6品も出てきたのでした。。。
甘いもの苦手の私ですが、最後のアソート以外全部たいらげましたよん!

はぁー、久々においしいフレンチを堪能しました。
フレンチの真髄を見せつけられましたっ。
どうしたらこんなお味がだせるのでしょう??

ふと気がつけば、周りは年配の方ばかり・・・
前回のフランス旅行もそうだったけど、
もしかしてこれって定年後のカップル的遊び方?笑

でもおいしいもの食べて、おいしいワインを飲んで、の〜んびりするの
大好きなんですよねぇ。。
France comments(0) trackbacks(0)
Hotel Le Moulin

先週末フランス、ベルギーを旅してきました。

途中Dusseldorfのラーメン屋さんによってランチ。
久々の生ラーメン、おいしかったぁ☆

今回の目的地はドイツ、フランス国境のアルザス地方。
今日のお宿はミシュラン2つ星レストランを併設した『Hotel Le Moulin』



広い敷地内に広がる田園風景に癒されました・・・
やっぱりフランスってオサレだわーー。



ちょっと気が早いですが、翌日の朝食。
充実のメニューでした。



ディナーの様子は別途たっぷりとUPしまーす。

France comments(0) trackbacks(0)
Trip to France - la ferme du vert -
海辺の街から一転して緑深いフランスの田舎町へ。

古い農場を改装したオーベルジュ。



となりにはチーズ工場が併設されています。
のどかな雰囲気に癒されるわ〜。。。



中庭でワインを飲みながらまったり・・・

外装とは裏腹に、お部屋はモダンにまとめられていました。



屋根裏部屋っていいですよねー♪

 
オーベルジュといえば、お楽しみのディナー。
レストランは敷地内の別館にあります。



今宵のディナーのお伴。本日2本目。笑



私がセレクトした品々。



前菜の牡蠣が品切れで無念・・・
旦那サマがオーダーしたノルマンディ牛のステーキもおいしそうでした!

今回の小旅行、しめて約16時間のドライブとなりましたが
運転手の旦那サマ曰く、長時間のドライブはへっちゃらになってきたそう。
あら、頼もしい!

さて次はどこへ参りましょう?
France comments(0) trackbacks(0)
Trip to France - Saint-Malo -
 
モンサンミシェルから車で1時間ほどいったところにある
サンマロが本日の宿泊先。

サンマロと言えば映画『男と女』のロケ地としても有名なのです。
ダバダバダ〜♪



城壁で囲まれた街サンマロ。
なかなか素敵なところです。

本日のお宿はナポレオン3世時代の建造物を改装した
典型的なシーサイドホテル。




昔はこんな感じだったらしいです。



部屋の窓からはグラン・ベ島を眺めることができました。



干潮時には浅瀬を渡って島に行くことができます。現在は満潮。

まずは城壁の中を散策。

城壁の下にたくさんのレストランが軒を連ねていました。
なんだか新橋の高架下みたい・・・ってかなりオサレ度は違いますが。笑



城壁を上ってぐるっと街を一周することもできます。



城壁の外にはヨットハーバーやカジノが。



綺麗な夕焼けを見ることもできました。



夜はお待ちかねの牡蠣三昧。



旦那サマセレクトのリースリングとの相性もバッチリでした。
フランスの牡蠣はオーストラリアの牡蠣に比べてちと塩辛いかな??

それにしてもサンマロはセクシーなお街でございました。笑
サンマロから更に西へ行くと断崖絶壁に立つ素敵なホテルがあったりして、、
今回は残念ながら時間切れ、またいつかチャレンジしてみたいです。

明日はガラっと雰囲気が変わって
ノール・パ・ド・カレ地方の古い農家を改造した
オーベルジュに宿泊します。
France comments(0) trackbacks(0)
Trip to France - Mont Saint Michel -

9月8日から11日まで車でフランスのブルターニュ地方とノルマンディ地方を
旅してきました。

まずは1979年にユネスコの世界遺産に登録された
モンサンミシェル修道院へ。



私の勝手なイメージですが、モンサンミシェルには
なんだかドヨーンとした曇り空が似合う気がします。

入ってすぐの場所にある有名な『ブラールおばさんのオムレツ屋さん』



残念ながらパフォーマンスはお休み中。
店内は『ここは日本?』というくらい、日本人率が高かったです。

ネガティブな前評判を耳にしていたので、ここでのランチはパス。笑

修道院につながる一本道を更にすすみます。
それにしてもすごい人!



修道院にたどりつくまでには何百段もの階段を昇らなくてはならず・・・
前日の寝不足がたたったのか、途中で倒れそうになっちゃいました。
体力の衰えを実感。。。

途中振り向いてみると・・・



島の入り口にある駐車場が。

倒れそうになりながらもなんとか修道院の入り口まで到着。



しかし、ここからがまたまた階段地獄だったのでしたーー。
でもこんな絶景が見られるんだったら価値アリ、なのです。



有名な列柱廊。



途中小さなハーブ園を発見。



猫の額のようなスペースに植えられたハーブ達。
なんだかとっても心ひかれる空間でした。

散策が終わったところで本日のランチ!



まずはブルターニュといえばお約束のシードルで乾杯!
飲みやすいのでフルボトルでいっちゃいました。



『オムレツ?興味なーい。』と言っていたくせに
何故かオムレツを注文した旦那サマ。
(この後、あまりの味の無さにケチャップ頼んでました。笑)

私はブルターニュといえばやっぱり!のそば粉のガレットをオーダー。
これは正解。



今夜はサン・マロへ宿泊予定。

夜はたっぷり牡蠣を満喫しようということで、
軽めに済ませたお昼なのでした。

France comments(2) trackbacks(0)
Trip to Paris 2010 - Part.2 -
 
オイスター、オマール海老、フォアグラ、コンフィ・・・
台湾料理からお寿司まで今回のパリ旅行はまさに食道楽な旅♪

・・・とはいってもミシェランの星を持つ高級レストランに行くわけでもなく、
今回は誰でも気軽に楽しめるビストロに的を絞りましたよ。

パリ在住歴6年、フランス人の奥様をもつ旦那サマの上司に
『パリお勧めのビストロリスト』を今回特別に作成していただき、
そのリストを片手にパリ中を食べ歩いてきました。
(わが家の家宝です♪)

そんな中から、今回ご紹介するのはマレ地区にある『Camille』
(残念ながらHPはありません・・・)



お店の前は既に長蛇の列が!
予約して良かった。。。

外の寒さとは裏腹に、お店の中は、食事とおしゃべりを楽しむ
お客さんの熱気でムンムン・・・まさに『喧騒のビストロ』といった感じ。

もちろんロミオも一緒に入店Okay!
食事中はバッグの中でぐっすりお昼寝していてくれたおかげで
ゆっくり食事を堪能することができましたよ。

本日のカルトは手書きのボードに書かれています。



前菜は生ハム、テリーヌ、サラミの盛り合わせを2人でシェア。
テーブルが小さいせいか、あらかじめ2人分に分けてサーブしてくれました。



メインは一品ずつチョイス。

私はポットで煮込んだ牛肉を。旦那サマは牛肉のタルタル。



お肉はとろけそうに柔らかく、味付けもサッパリしているので
このボリュームでもペロリと平らげちゃいました。

この後、旦那様は狙っていたベリータルトも完食。

私達がランチを終えた後も、まだ店の前には長蛇の列が・・・
(寒いのに〜)

パリにお越しの際は、是非足を運んでみてください。
予約をお忘れなく〜!

Camille
24 rue des Francs-Bourgeois
Paris, France
33 01 4272 2050
France comments(0) trackbacks(0)
Trip to Paris 2010 - Part.1 -
 
アムステルダムから車で約5時間、パリにやってきました!



約3年ぶりとなった今回のパリ旅行。
何といっても今回の目玉はロミオのパリデビュー。

ちゃんとホテルでお留守番できるかなー?
メトロでお利口さんにしていられるかなー?

翌朝、まだちょっぴり雪が残っているパリの街にいざ出陣!



パリの人混みの中を、遅れまいと旦那様に
必死について歩くロミオ。



か、な、り、ロミオ的に頑張ってます!
ラッシュのメトロもなんのその。お利口さんに乗ってくれました♪

クリスマスは過ぎてしまいましたが、パリの街はまだまだクリスマスムード一色。





歩き疲れたら、カフェでまったり一休み。
このカプチーノが一番おいしかった!



セーヌ川の岸辺でロミオとジュリエットごっごもしましたよん。
(あれ?逆か。)



午後4時を回るころには日も暮れはじめ・・・

年末ということもあって、ギャラリーラファイエットのあたりは大賑わい。
まるで明治神宮に参拝に来ているような混雑ぶりでした。

それにしてもパリのイルミネーションは派手☆
まさに絢爛豪華といった感じ・・・でも品があるんですよねぇ〜。



真っ暗になったころには歩きすぎて足はパンパン。
『もう歩けない・・・』と、オペラカルニエの前の階段で一休み。



思う存分、食べて、飲んで、ショッピングして、観光して、
楽しかったけどさすがに疲れましたーっ☆
France comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |